負ける経験の必要性

円卓ディスカッション 2016.03.23

負ける経験の必要性

競って負けるという経験が必要。現代では多くのゲーム玩具が勝つ喜びを提供しているが、昔の子供同士の遊びは勝ったり負けたりしていた。そこで、勝ったり負けたりしても仲良くするという術を学んでいたようです。

実際に円卓ディスカッションの中でゲームをやってみた。運が介入しないタイプのもので、負けたことを運のせいにはできない。負けたときに、いろいろな自動思考・感情が沸き起こって面白い。

先人曰く、「初心者は負ける、中級者は勝つ、上級者には勝ち負けは関係ない」

いろんな自分が心の闇(シャドウ)を通り抜けるカギ

上野貢潤の心理セラピー現場で稀に、自分自身の中にも内省では見えていない部分(シャドウに関わる)があるかもしれないということを認めることが難しいケースに出くわす。この難しさはセラピーに限らず、いろいろなところで表れている。組織学習ではダブルループからトリプルループへ飛躍することに相当する。ダブルループの内省が、気づいていない何かに気づくことであるのに対して、これは気づけないことがあるということを認めるという別次元のコツが必要になる。心理セラピーではその能力をクライアントから引き出すことが前提となる。

かねてより池田練悟が提唱している「いろんな自分を増やそう」ということが、その鍵ではないかと上野は思っている。「もしかしたらそうかもしれない」よりもう一歩踏み込んで、「そうなんだ」と思ってみる。これをやるためには「いろんな自分」になったり戻ったりすることを可とすることが役立つ。いわゆる「なりきる」ということ。それを演劇では「役作り」と言うらしい。

「役作り」の技術は、社会生活の精神安定をもたらしたり、深層心理の変容プロセスを可能にしたいりして、本当の自分を生きるために役立てることができる。