上野貢潤の「感情マスタリー中級」

円卓ディスカッション 2016.03.07

上野貢潤の「感情マスタリー中級」

  • 「怖れを手放そう」は「恐さを感じないようにする」ことではない。
  • 心理セラピーでは、「怒り」と「恨み」は全く別のものとして現れる。

池田練悟の「ボディセンター論」

身体のセンターを意識してバランスをとることで、相手に与える印象から、精神状態までが変わる。上野も様々な分野で身体の中心とか軸とか聞いてはいたが、これほど実感のある話ははじめて(茶道、居合、キックボクシングで何を練習していたかがわかった)。

人もモノも「私」との関係性

池田は、人もモノも「私」との関係性、人生は関係性の総体と言う。人とモノの間である動物や自然は関係性の意識を練習しやすいと言う。これらは、上野が言う「存在」とよく似ている。

遊びとは何か?

円卓ディスカッション 2016.02.10

人間関係とゲーム理論

ゲーム理論というと、論理の塊かと思いきや、意外と人間関係における不条理や感情が浮かび上がる。「もし人々が利己的かつ合理的に判断したらどうなるか」を問うことで、いかに人間が利己的になれないか、合理的ではないかがわかります。

協力した方がお互いに得なのに協力できない状態、人を恨みたくなるのはなぜか、といった感情の交流についてもよくわかります。

遊びとは何か?

遊びの反対は定め?

”余分”のことを「あそび」という。その余分は自由である。
余っていない部分(不自由な部分)があるからこそ、余分は「あそび」と呼ばれる。

遊びの反対はゆうゆつ?

image

遊びとは倒れない状態?

創造+破壊=遊び

それとも、
右に倒れず、左に倒れず、その間で揺れているのが”遊び”。
システム工学の逆フィードバック制御に似ている。

自己責任論

「全体責任は無責任」とも言われるが、おそらくそれは対外的なこと。共同体の中では責任は共有される。

(例)自己紹介で話が長すぎてしまう人だけでなく、それを止めなかった人にも”責任”はある。

祈るとき、人はなにしてるの?

祈りとはIメッセージ。アサーティブであるということ。
固執せず、手放さず。
願いであり、想像である。
バランスをよくするもの。

その他のトピック

  • 「衆生所遊楽」
  • コントロールしやすい(嘘つきやすい)身体の部位